Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ジャイアンツ

【ジャイアンツ】小林誠司の使っているキャッチャーミットやバットについて

小林誠司

ジャイアンツの中での「イケメンランキング」で見事1位になった小林誠司。

またプロ野球選手の中でのイケメンランキングでも2位になったことがあります。

女性からの絶大なる人気を誇っている小林誠司がどんなキャッチャーミットやバットを使っているのか調べてみました!

小林誠司のプロフィール

小林誠司
小林誠司のプロフィール

・名前:小林誠司(こばやし せいじ)
・出身地:大阪府堺市南区
・生年月日:1989年6月7日
・身長:178cm
・体重:83kg
・高校以降の経歴:広陵高校~同志社大学~日本生命~ジャイアンツ
・ドラフト:2013年 ドラフト1位
・ポジション:キャッチャー
・スタイル:右投げ右打ち
・推定年俸:6,000万円

社会人時代には、1年目から都市対抗野球に出場したり、2013年には社会人ベストナインに選ばれるなど、鳴り物入りでジャイアンツに入団しました!

小林誠司が入団した頃は、それまで正捕手だった阿部慎之助がケガなどでキャッチャーからファーストにコンバートした時だったので、いきなりジャイアンツでキャッチャーとして守ることができました!

小林誠司の使っているキャッチャーミット

小林誠司 キャッチャーミット

小林誠司は「ZETT」のキャッチャーミットを使っています。

小林誠司モデルのキャッチャーミットはZETTから発売されています。

小林誠司モデルのキャッチャーミットの特徴は、ポケットがやや浅めに設計されているという点です。また、指カバーの位置が通常のものと位置が違っています。

キャッチャーミットはポケットが浅いと、ピッチャーの球を受けたときに良い音が鳴りやすくなります。

捕るときに良い音がするとピッチャーがどんどん乗ってくるので、良いキャッチャーはピッチャーのことを考えてキャッチャーミットを選んでいます!




小林誠司の守備について

小林誠司 キャッチャーミット

小林誠司の守備の特徴は「強肩」ということです。

遠投は115mと肩が強く、ホームからセカンドへの送球はわずか「約1.9秒」です。

その強肩で盗塁阻止率は2016~2018年のシーズンでリーグでトップになりました!

しかも、肩が強いだけではなく、塁に出たランナーを目で殺し、走りにくくする工夫なども行っているそうです。

また、2017年のWBCでは、あの野村監督から「久しぶりに見る名捕手」とまで言われるようになりました!

しかし、時には小林誠司のリードについては辛口なコメントが多くなることもあります。。。

リードに関してまだまだ改善の余地がありそうですね・・・

試合で使っているバット

小林誠司 バット

小林誠司はグローブと同じくバットも「ZETT」のバットを使っています!

小林誠司モデルのバットはZETTから発売されていますので、同じモデルのバットを使いたい方はぜひご購入を!

またバッティンググローブもZETTのものを使っています。




打席に入るときの登場曲小林誠司

小林誠司が打席に入るときの登場曲はこちらです!

「My VOICE」ファンキー加藤(2014年 – 2015年)

「走りだそう」FUNKY MONKEY BABYS(2016年 – )

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小林誠司

小林誠司のバッティングについて

小林誠司 バット

小林誠司は2016年と2017年のシーズンでは、規定打席に達した選手の中ではリーグワーストの打率となりました。

通算打率も.215と低く、打撃に関しては期待ができない選手です。

完全に守備に特化した選手と言えます。

小林誠司は配球に関してまだまだ伸びしろがあるため、キャッチャーとして配球を極めることができれば、自分が打席に立った時も配球を読むことができるので、打率も必然的に伸びてくると思います。

小林誠司の最優先事項は「配球」にあると考えられるので、ぜひキャッチャーとしての能力を向上させて、打撃でも成績を残せる選手になって欲しいです!