Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
広島カープ

【広島カープ】鈴木誠也の使っているグローブやバットについて

鈴木誠也

2016年に大流行した「神ってる」は、緒方監督が鈴木誠也のプレーを見て、出たコメントです!

これをきっかけに一気に「神ってる」が流行になり、2016年の新語・流行語大賞の年間大賞に輝きました!

そんな神ってる鈴木誠也が普段使っているグローブやバットについて調べてみました。

鈴木誠也のプロフィール

鈴木誠也のプロフィール

・名前:鈴木誠也(すずき せいや)
・出身地:東京都荒川区
・生年月日:1994年8月18日
・身長:181cm
・体重:96kg
・高校以降の経歴:二松學舍大学附属高校~広島カープ
・ドラフト:2012年 ドラフト2位
・ポジション:外野手
・スタイル:右投げ右打ち
・推定年俸:9,000万円

鈴木誠也は、先輩の黒田がヒーローインタビューを受けている時に祝い水をかけに行こうとしたところガチで怒られて自分でその水をかぶるなどお茶目な一面があります。

また、2017年には「せいや」つながりからアニメの「聖闘士星矢」とコラボレーションをしてグッズを販売しました!

鈴木誠也の使っているグローブ

鈴木誠也は「アシックス」のグローブを使っています。

鈴木誠也のグローブには、手首の甲のところに自分のワッペンがついています!

f:id:can555:20180320133610j:plain

鈴木誠也モデルのグローブはアシックスから発売されていますが、鈴木誠也のワッペンは市販のものにはついていないのでご注意ください!




鈴木誠也の守備について

鈴木誠也の守備の特徴はなんといっても「神ってる強肩」です!

2016年にはプロ野球選手が選ぶ「強肩No.1」に輝いています!

あまりにも強肩なので、相手チームの3塁のランナーコーチは、鈴木誠也のところにボールが飛ぶとランナーをホームに返さずにストップをかけてしまいます。

また、鈴木誠也からの送球を捕るセカンドの菊池涼介は「鈴木誠也の球は怖いからカットに入りたくない!」と言っています(笑)

チームメイトからも恐れられるほどの強肩です!

試合で使っているバット

鈴木誠也はのバットは、グローブと同じく「アシックス」のバットを使っています。

バッティンググローブも「アシックス」のものを使っているので、野球の道具は基本的にアシックスのものを使っています!




鈴木誠也のバッティングについて

鈴木誠也は2016年に「神ってる」でブレークしただけでなく、バッティングの方も覚醒しました!

2016年以降は3シーズン連続で3割を超える打率を残しています!

鈴木誠也はバッティングに関して凄く研究熱心で、進化するために常に新しいことを探しにいくタイプの選手です。

覚醒したきっかけとなったのは、「バットのトップの位置を深くした」ことだそうです。

一般の人にはなかなか理解しにくい表現だと思います。

普通は、トップが深く入りすぎるとバットが出てくるタイミングが遅れるので打ちにくくなります。少年野球などでバットのヘッドを深くすると注意される要素です。

「ヘッドを深くする」というのはプロで感覚が研ぎ澄まされた人にしか分からない感覚だと思います。

そして打つときは「ゆっくりタイミングをとってゆっくり振る」ことを意識しているそうです。これは広島カープの大先輩の天才打者「前田智徳」と同じことを言っています。

までプロ入り6年で天才打者と同じ境地に達しているみたいですね!

またホームランも3シーズン連続で30本近く打っています。あとは盗塁を磨けばトリプルスリーも夢ではありません!

まだまだ若い選手なので、これからの活躍が楽しみです!