Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高校球児

【動画】佐々木朗希163kmでキャッチャー恐怖!大谷翔平超え誕生

佐々木朗希 163キロ

高校球界に新たなスターが誕生しました!

この高校生はあの大谷翔平の高校時代の記録を塗り替えました!

岩手県の大船渡高校の佐々木朗希が練習での記録のなりますが、163kmを記録しました!

2019年のドラフト1位の大本命になりました!!

【動画】高校最速の佐々木朗希の163kmは瞬間移動!

公式戦ではありませんが、大船渡高校の佐々木朗希が高校最速の163kmを記録しました。

佐々木朗希が163kmを出すまでの高校の最速記録は、メジャーリーグで活躍している大谷翔平が持っていました。

大谷翔平はアマチュア史上最速の160kmの記録を持っていましたが、それを3kmも上回る記録となりました!

佐々木朗希の163kmを捕ったキャッチャーは怖かった?!

163キロを体感した横浜の内海貴斗内野手(3年)は「瞬間移動するというか、手を離れたら(捕手の)ミットに入っていた。すごい球でした。去年の夏に(甲子園で)吉田(輝星)選手と対戦させていただいたんですけど、それ以上の球だった」と仰天した。

空振り三振に終わり「(チームメートの)及川(雅貴)の150キロぐらいまでは見たことがあるんですけど、比べものにならないぐらい速かった。佐々木君のスライダーが、普通の投手の真っすぐぐらいのタイミング。地をはう前に捕手のミットに入っていた。普通は球筋をたどれるけど、たどれないぐらい速かった。ビビる前にミットに入っていた。ど真ん中でも振れていない。同じ高校生なのか、と」と、すごさを表現した。

出典:ヤフーニュース

佐々木朗希率いる大船渡高校は夏の甲子園では出場して欲しくない?!

高校史上最速の163kmの記録を出した佐々木朗希ですが、一部のファンからは「夏の甲子園に出て欲しくない」という声があがっています。

もちろん、「夏の甲子園で生の163kmを見たい!」というファンもたくさんいます!

しかし、プロに入って活躍することを考えたら、夏の甲子園に出場せずに肩を温存したままプロにいって欲しいため、夏の甲子園に出て欲しくないということです。

イチローは高校生の時にピッチャーをしていましたが、その時、プロに行く気満々だったので、肩を温存してプロに行こうと考えていたそうです。

イチローはその時からすでに何十年先の将来も考えて野球に取り組んでいたんですね。

佐々木朗希はイチローと同じような考えを持っているのでしょうか?

それとも夏の甲子園で163kmを記録し、さらにプロの世界でも活躍しようと考えているのでしょうか?!

佐々木朗希が高校野球史上最速の163km記録したことについて周りの声は?

男性
男性
こりゃすげーのが出てきたな… ケガだけはしませんように…容
女性
女性
10代で163キロは速すぎない??
男性
男性
佐々木くんはお父さん亡くしてたんだね。地元の同級生との甲子園出場、応援したいですね
女性
女性
訳が分からない!!それでも捕球できてたからすごい!甲子園で見たいな~と思うけど甲子園でると酷使しちゃうからどうなんだろう…
男性
男性
やっぱり佐々木朗希欲しいな ドラ1で取ったチームは間違いなく二桁確実に勝てる投手を手に入れたことになるな
女性
女性
すごい豪速球投手だな。 でも、まだ高校生だから、普段、少し抑え気味で投げた方がいい。 腕を壊したら勿体ないからね。

【動画】佐々木朗希163kmでキャッチャー恐怖!大谷翔平超え誕生!まとめ

佐々木朗希の大記録に高校野球ファンは喜びの声が上がっていますが、やはり肩の酷使することを懸念しています。

これだけの逸材なので、高校での活躍よりプロで長く活躍することを望んでいる人が多いようですね!

2019年のドラフトでは何球団に指名されて、どこの球団に行くのか注目が集まります!