Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
日本人メジャーリーガー

大谷翔平はどんな球種があるの?使っているグローブと一緒に紹介!

大谷翔平 球種

日本球界最速の165kmのストレートや、日本プロ野球史上初となる2桁勝利と10本のホームランを達成するなど、様々な記録を塗り替えています。

今回はそんな大谷翔平の球種や使っているグローブについて調べてみました!

大谷翔平のプロフィール

大谷翔平 球種
大谷翔平のプロフィール

・名前:大谷翔平(おおたに しょうへい)
・出身地:岩手県奥州市
・生年月日:1994年7月5日
・身長:193cm
・体重:90kg
・高校以降の経歴:花巻東高校〜日本ハム〜ロサンゼルス・エンゼルス
・ドラフト:2012年 ドラフト1位
・ポジション:ピッチャー、外野
・スタイル:右投げ左打ち
・推定年俸:約6,000万年

メジャーでも大活躍を魅せている大谷翔平の年俸がたったの「6,000万円」って不思議ですよね?

実はメジャーでは年俸について上限の規定があって、25歳未満の外国人は最大でも6,000万円くらいにしかならないそうです・・・

この制限が解除される年になったら一気に何十億円の年俸になる可能性もあるそうです!

大谷翔平の球種

大谷翔平 球種

大谷翔平の球種はこちらになります!

  • ストレート
  • スライダー
  • カーブ
  • フォーク

大谷翔平の球種はこんな感じで、変化球に至っては種類が多いわけなく、特殊な球種があるわけでもありません。

しかし、あれだけの活躍をすることができるのは、全てのボールが一級品だからですね!

ただ、ストレートに関しては、メジャーリーグの中では回転数が少ない方であり、伸びやキレといったところでは少し劣ってしまいます。

それでいても平均155kmのストレートと145kmのフォークがあるだけでもバッターにとっては驚異です!

大谷翔平の使っているグローブ

大谷翔平 グローブ

大谷翔平は「アシックス」のグローブを使っています。

大谷翔平のグローブは他のグローブに比べて柔らかい素材で出来ています。そのため、手に馴染みやすくボールの捕球や処理がしやすくなります。

当然のことながら大谷翔平モデルのグローブは一般にも販売されていますので、一緒のグローブを使いたいかたはぜひ購入してください!

また、大人用のグローブだけでなく、少年野球用のグローブも販売されています。

大谷翔平の登場曲

大谷翔平がピッチャーとして登板するときと打席に入るときのこれまでの登場曲はこちらです!

「ドリームメイカー」TRIPLANE(打席時、2013年)

「The Power Of Love」Huey Lewis & The News(登板時、2013年)

「キットカナウ」miwa(打席時、2014年 – )

「Party Maker」Perfume(登板時、2014年 – )

「DAN DAN 心魅かれてく」FIELD OF VIEW (登板時、2015年 – )

「Do or Die(Remix)」Afrojack (登板時、2015年 – )

「WRAPPED UP FEAT.TRAVIE McCOY」OLLY MURS (打席時、2015年 – 2018年)

「ファッションモンスター」きゃりーぱみゅぱみゅ(2018年 – )

「Showtime」Lil Wayne(得点圏時、2018年 – )

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/大谷翔平

大谷翔平のピッチングや成績について

https://twitter.com/Sighthound36/status/916599222102761473

大谷翔平はこれまでたくさんの記録を達成してきました!

「MAX165kmのストレート」やあのベーブルース以来となる「2桁勝利と2桁ホームラン」だけでなく日本ではこんなタイトルを獲りました。

最多勝1回、最優秀防御率1回、最高勝率1回、最優秀選手1回、ベストナイン3回などのタイトルを獲得しました!

タイトルだとバッターよりもピッチャーとしての記録の方が目立っています。バッターとしてはタイトルの獲得はありません。

そして、メジャーに渡った1年目には日本人メジャーリーガーで4人目となる新人王も獲得しました!

大谷翔平のピッチングの特徴ですが、早いストレートとキレのある変化球でどんどん押していくタイプですが、コントロールにはまだまだ課題があり、フォアボールから崩れていくこともあります。

しっかり自分の中でリズムを作って投げられるようになるともっとコントロールも安定して、崩れることも少なくなると言われています。

いずれにしても日本人で二刀流でこれだけの活躍をしてくれると嬉しいものです!

これからの活躍にも期待が膨らみます!!