Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
横浜DeNAベイスターズ

今永昇太はどんな球種を持っているのか?使っているグローブも一緒に紹介

今永昇太

今永昇太は大学4年生の時に「大学NO.1左腕」と言われるくらいのピッチャーになりました!

しかし、左肩を痛めて調子が上がらないまま、自身の大学の駒沢大学も2部に降格になりました・・・

野球を続けるかどうか悩みましたが、プロ志望届の届出の締切の2日前にプロ志望届を出しました。

結局、ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに1位指名を受けて入団することになりました。

そんな今永昇太の使っている球種やグローブについて調べてみました。

今永昇太のプロフィール

今永昇太
今永昇太のプロフィール

・名前:今永昇太(いまなが しょうた)
・出身地:福岡県北九州市
・生年月日:1993年9月1日
・身長:177cm
・体重:80kg
・高校以降の経歴:北筑高校~駒沢大学~横浜DeNAベイスターズ
・ドラフト:2015年 ドラフト1位
・ポジション:ピッチャー
・スタイル:左投げ左打ち
・推定年俸:6,700万円

プロ入り後の最速のストレートは150kmで、キレのある変化球もあり、投球スタイルが元ジャイアンツの杉内俊哉に似ていると言われていました。

ピッチャーとしてはスタミナ不足が言われていますが、最近の日本のプロ野球では、メジャーと同じく先発ピッチャーはある程度の球数を投げると交代する傾向にあるので、スタミナ不足の今永昇太にとっては追い風になっています!

今永昇太の球種

https://twitter.com/tattsun8260/status/988594818510082050

今永昇太の球種はこちらになります!

  • ストレート
  • スライダー
  • チェンジアップ
  • カーブ
  • フォーク

今永昇太の投球の内、約50%がストレートとなっています。変化球で一番多いのがスライダーで、次がチェンジアップです。

チェンジアップの空振り率が高いため、ストレートやスライダーで追い込んでからチェンジアップなどで勝負に出るタイプのピッチャーです!

1年目と2年目は防御率が2点台後半といきなりいい成績を残すことができましたが、2018年のシーズンでは先発ピッチャーの中では最多の敗戦になりました。

3年目のジンクスに苦しんだ年でした。

今永昇太の使っているグローブ

今永昇太 グローブ

今永昇太は大学の頃からずっと「ミズノプロ」のグローブを使っています。

ミズノプロのグローブは質が高く、多くのプロ野球選手に愛用されているグローブです。

ミズノプロからは今永昇太モデルのグローブが販売されています。軟式用のグローブも販売されていますので、多くの人が同じモデルのグローブを使うことができます。

今永昇太の登場曲

今永昇太が登板するときの登場曲はこちらです!

「PLAY THE GAME」 ロードオブメジャー (2016年前半)

「DADDY」 PSY (2016後半)

「Juicy Wiggle」 Redfoo (2017前半)

「Uptown Funk ft. Bruno Mars」 Mark Ronson(2017前半)

「HandClap」 Fitz and the Tantrums (2017後半)

「We Will Rock You」 Queen (2018 – )

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/今永昇太

今永昇太のピッチングや成績について

今永昇太 球種

今永昇太は1,2年目は防御率が2点台とピッチャーとしてはかなり優秀な成績になっていますが、勝率が1年目が5割を切っており、2年目は6割ちょっと勝ちに恵まれていません。

打撃力のあるチームに入っていればもっと勝ち数は増えていると思います。

また2018年にはシーズンの途中から中継ぎに転向しましたが、前年までに比べると成績は大幅に下回ってしまいました。

チームメイトの筒香嘉智からは、フリー打撃で対戦した時に「ストレートは伸びがあって素晴らしい!」と高く評価されました。

元中日ドラゴンズの山本昌からも「日本の左打ちピッチャーの中で一番空振りの取れるストレートを持っている」とまで言われています。

4年目となる2019年のシーズンでは、キャリアハイとなる成績が残せるかどうか注目が集まります!