Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中日ドラゴンズ

【中日】荒木雅博のグローブへのこだわりや守備の特徴とは?

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり

荒木雅博は2018年に選手兼任コーチに就任し、同年のシーズン後に引退を表明しました。

そして2019年からは中日ドラゴンズでコーチに就任することになりました。

荒木雅博といえば井端弘和との「アライバコンビ」で鉄壁の二遊間でした。両リーグでも最強の二遊間と言われていました。

今回は荒木雅博のグローブや守備のこだわりなどについて調べてみました。

荒木雅博のプロフィール

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり
荒木雅博のプロフィール

・名前:荒木雅博(あらき まさひろ)
・出身地:熊本県菊池郡
・生年月日:1977年9月13日
・身長:180cm
・体重:77kg
・高校以降の経歴:熊本県立熊本工業高校~中日ドラゴンズ」
・ドラフト:1995年 ドラフト1位
・ポジション:セカンド、ショート、外野
・スタイル:右投げ右打ち

荒木雅博は1軍の試合に初めて出場した時から22年間第一線で活躍し続けてきましたが、2018年に惜しまれながら引退することになりました。

荒木雅博の使っているグローブ

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり

荒木雅博が使っていたグローブは「ミズノ」のグローブです。

荒木雅博のグローブはセカンドとしては大きめのグローブを使っていました。

荒木雅博のグローブのこだわりは「硬いグローブ」を使い込んでいくことです。

その硬いグローブを手に馴染むまでぐちゃぐちゃにしていくのが好きだそうです!どんどん使い込んで手に馴染んでいくように作り上げていきます。

荒木雅博の守備について

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり

荒木雅博が守備の影響を受けた選手は、チームメイトの井端弘和だったそうです。練習しながら動きを盗んで自分のものにしていきました。

その結果、6年連続でゴールデングラブ賞を受賞するまでになりました。

その間に3回もベストナインになるなど、セ・リーグの最強のセカンドに君臨していました。

2013年、2014年には守備率でリーグ1位になるなど、長年セ・リーグのセカンドのトップを走っていました。

その守備力の高さは落合博満からも絶賛されています。

守備の特徴としては、とにかく1歩目が速いということです。ピッチャーの投げる球種やコースを読んでいるため、速く1歩目を出すことができます。

しかも、打球の質を見極めたからスタートを切るので、どんな球の質の打球が来るのかも見極めています。

荒木雅博の弱点は送球で、もともとスローイングには課題がありましたが、肩を痛めてからはより不安がありましたが、それ以上の守備力でカバーしました。

試合で使っているバット

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり

荒木雅博が使っていたバットはグローブと同じく「ミズノ」のバットを使っていました。

また、バッティンググローブもミズノのものを使っていました。

打席に入るときの登場曲

荒木雅博が打席に入るときの登場曲はこちらです!

「前略、道の上より」一世風靡セピア(2012年 – )

「LUCKY STAR」黒岩唯一(2010 – 2011年)

「RUN&RUN」黒岩唯一(2009年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/荒木雅博

荒木雅博のバッティングについて

荒木雅博 グローブ 守備 こだわり

荒木雅博は一時期、両打ちで登録していまいた。しかし、結局得意な右打ちの方へ戻すことになりました。

荒木雅博は完全な短距離バッターです。プロ野球生活23年の中で、ホームランはわずか34本です。

荒木雅博2000本ヒットを打って名球会に入っていますが、シーズンで2桁のホームランを打たずに2000本ヒットを達成したのは荒木雅博1人だけです。

荒木雅博は自分の非力さを逆に活かして、右打ちを徹底的に磨いて一流の技術を身につけました。

自分が生きていく道を見極めて実行していった結果、長年第一線で活躍できたんですね!

現役生活本当にお疲れ様でした!