Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
広島カープ

【カープ】新井貴浩が使っていたグローブやバットはどこのメーカー?

新井貴浩 グローブ

2018年に引退することとなった新井貴浩は、2019年の3月に引退セレモニーをすることとなりました。

広島カープと阪神タイガースで長年活躍した選手が引退するということで寂しがっているファンも多いようです。

新井貴浩は記録より記憶に残る選手でした!

今回はそんなプロ野球生活20年の新井貴浩の使っていたグローブやバットについて調べてみました。

新井貴浩のプロフィール

新井貴浩 グローブ
新井貴浩のプロフィール

・名前:新井貴浩(あらい たかひろ)
・出身地:広島県広島市
・生年月日:1977年1月30日
・身長:189cm
・体重:102kg
・高校以降の経歴:広島工業高校~駒澤大学~広島カープ~阪神タイガース~広島カープ
・ドラフト:1998年 ドラフト6位
・ポジション:ファースト、サード
・スタイル:右投げ右打ち

明るいキャラクターでファンに愛され続けた新井貴浩ですが、チームメイトからはかなりイジられていました。

元メジャーリーガーの黒田博樹からは、カバンに消化器を入れられるというイタズラをされました。

カバンは相当な重さになっていますが、新井貴浩はそれに気づかずに普通にカバンを持ってどこかに言ったそうです(笑)

新井貴浩の使っているグローブ

新井貴浩 グローブ

新井貴浩が使っていたグローブ(ファーストミット)は「ミズノ」のグローブ(ファーストミット)です。

ミズノでは2018年で引退する新井貴浩のために引退記念グッズを販売することになりましたので、ファンにとってはたまらない企画になりました!

また、記念モデル以外にもミズノからは、新井貴浩モデルのグローブ(ファーストミット)も販売されています。

新井貴浩の守備について

新井貴浩 グローブ

新井貴浩はあまり守備がうまいというイメージはありませんが、現役生活で1度だけゴールデングラブ賞を受賞しました!

しかし、元中日ドラゴンズの谷繁元信に「守備の基本ができていない」と言われていました(笑)

それは2018年の雨の試合で元中日の谷繁元信が解説の時でした。

ゴロの処理の時にこけそうになった新井貴浩に対して「新井貴浩は守備の基本ができていませんね(笑)」と発言しました。

20年目のベテランの選手に対してそんな発言は普通しないので、それだけ新井貴浩が愛されていたということですね!(笑)

試合で使っているバット

新井貴浩 グローブ

新井貴浩が使っていたバットはグローブと同じく「ミズノ」のバットを使っていました。

新井貴浩のバットの特徴は、パワーヒッターの割には、バットの芯が少し根元の方にあるところです。

通常パワーヒッターは芯をバットの先の方に持っていき、遠心力で飛ばすタイプが多いです。

しかし、新井貴浩は少し根元の方に持っていき、ミートやアベレージを重視したバットになっています。

また、グリップとバットも細めの設計になっているそうです。

打席に入るときの登場曲

新井貴浩が打席に入るときの登場曲はこちらです!

「It’s My Life」- BON JOVI(2008年 – 2010年)

「MONSTER」- MONKEY MAJIK(2011年 – 2012年)※2012年は偶数打席のみ

「Headlight」- MONKEY MAJIK(2012年 – 2013年)※2012年は奇数打席のみ

「FOREVER YOUNG」- MONKEY MAJIK(2014年)

「fighting fists,angry soul」- Hi-STANDARD(2015年 )

「全力少年」‐スキマスイッチ(2016年 ‐ )

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/新井貴浩

新井貴浩のバッティングについて

新井貴浩 グローブ

新井貴浩が獲得したタイトルは、ホームラン王1回と打点王1回です!

そして2,000本ヒットを打って名球会にも入りました!
入団当初は「打撃センスなし」と言われていましたが、とてつもない努力を重ねて2,000本ヒットを達成しました。

新井貴浩のバッティングの特徴は、バットのヘッドがピッチャーの方に向きがちというところです。

ヘッドがピッチャーに向いていることでそれ以上にテイクバックが取れないので、そこからスっとバットを出して打つことができます。

普通であれば、そこからバットを出すと遅れがちになりますが、新井貴浩はスイングスピードでそれを補っています。これは相当な練習で身につけたフォームです。

基本的に子供たちが真似をしてはいけないフォームなので、真似しないことをおすすめします(笑)

努力を重ねて独自の打撃を身につけた新井貴浩ですが、今後はグランドではなく解説で活躍する予定になっています。

色んな選手の裏話とともに解説をしてファンを楽しめせて欲しいですね!

20年間の現役生活本当にお疲れ様でした!